秋ナスは血管をしなやかに・・・四国・香川の整体学校、R-1の整体ワンポイント

いつも感謝してます。四国・香川県・高松の整体・セラピスト・ボディケア・リラクゼーション学校、R-1プロ整体師・セラピスト養成スクールです。

「秋ナスは嫁に食わすな」ということわざがありますが、秋ナスが美味しい季節です。

ナスは江戸時代から「血を散じ、痛みを止め、腫れを消し、腸を寛げる」とされています。

ナス自体の栄養価は大したことないのですが、ビタミンCやP、色素のナスニンなどが多く含まれているので、高血圧や動脈硬化、血栓症の予防や改善に効果的です。

ただ、ナスは体を冷やす陰性食品であるため、塩や味噌、ショウガと一緒に食べる料理は、素晴らしい日本人の知恵です。

このナスの冷やす作用を利用して、民間療法として、冷蔵庫に冷やしたナスを縦割りにして、打ち身や捻挫、また軽度の火傷の患部に直接当てて湿布薬として用いるという方法があります。

参考にしていただければ幸いです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL