整体ワンポイント・・・暑い夏は、やっぱりスイカ!

いつも感謝してます。四国・香川県・高松の整体学校、R-1プロ整体師セラピスト養成スクールです。

毎日暑い日が続いていますね。キンキンに冷えたスイカをおいしく食べている人も多いと思います。

スイカはもともとアフリカ原産ですが、中国人が「西瓜」と名付け日本には、1640年ごろに入って来ました。

当時から夏の暑気払いや夏バテ防止によく食べられていました。

スイカに含まれるシトリンやカリウムは強力な利尿作用があるので、むくみや腎臓病等にも民間療法で使われてきました。

スイカは90%以上が水分で、漢方では暑い夏に身体を冷やしてくれるスイカは陰性食品で解熱作用もあるので、ピッタリなのですが、体が冷えすぎないように、塩をかけて食べるというのも昔からの日本人の知恵かもしれませんね。

久々に食べ物の投稿でしたが、皆様今年の異常な猛暑をうまくのりきりましょう🎵

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL