腰痛にツボ京骨・・・四国・香川の整体学校R-1の整体ワンポイント

いつも感謝してます。四国・香川県・高松の整体師・セラピスト・ボディケア・リラクゼーション学校、R-1プロ整体師・セラピスト養成スクールです。

足の小指側の縁を、かかとから小指方向に進んでいく時に突き当たる骨の際の窪みに、京骨というツボがあります。

このツボは東洋医学でも膀胱経という経路に属し、その中でも診断点にも治療点にもなる原穴といわれる重要な調整点となる場所です。

私自身も、このツボだけを使ってヒドイ腰痛持ちの方を1分間くらいで楽にした経験がありますが、経路の走行を知っていれば当然起こりえることです。

腰痛持ちの方、また腰痛を施術する整体師やセラピストの方には是非知ってもらいたいツボの一つです。

参考にしていただければ、幸いです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL