整体ワンポイント・・・猫背が腱鞘炎の原因に!

いつも感謝してます。四国・香川県・高松の整体学校、R-1プロ整体師セラピスト養成スクールです。

良く聞く話ですが、こないだパソコンのキーボードの叩きすぎで腱鞘炎になったという人がいました。

もちろん、手指の使いすぎも原因の1つですが、その動作はきっかけであって、多くの場合、肩にあります。

特に猫背の方は、首の歪みに加えて肩が巻き込み(内旋)し、手指に出ている神経が伝達異常を起こし、関節液も出にくくなります。

そこに更に指関節を動かし続けた結果、炎症を起こします。

なので、腱鞘炎やバネ指と診断されたら、まずは肩の状態をみることも大事になってきます。

実際に肩や猫背の調整で、腱鞘炎やバネ指の痛みが無くなったという方も、たくさんいらっしゃいました。

参考にしていただければ、幸いです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL