整体ワンポイント・・・頸椎2番について

いつも感謝してます。四国・香川県・高松の整体学校、R-1プロ整体師セラピスト養成スクールです。

後頭部から下に下がると一番最初に触れる首の骨があるのですが、この骨が頸椎2番という骨です。

整体術では、頭痛や目の疲れなど脳の血行に関する調整点として重要に考えます。

一般的には、この骨が右側にずれると頭の右側の偏頭痛、また左側にずれると頭の左側の偏頭痛を引き起こします。

またこの骨の両側の左右差をみて、より硬直や緊張がある側の目が、激しく疲労しています。

花粉症の人も、大抵この骨が異常になっている場合が多いです。

なので、この骨を調整することで、頭や目がスッキリします。

ちなみに頸椎2番は、首の骨の中では一番大きく丈夫な骨で、遺骨の喉ぼとけと思われてる骨は実際はこの頸椎2番なんですね。

喉ぼとけは軟骨なので、火葬すると無くなってしまいますが、何故か脛椎2番はキレイな形で残るそうです。

一個一個の背骨には、全部関係することがあるのです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL