むち打ち後遺症・・・四国・香川の整体学校、R-1の整体ワンポイント


いつも感謝してます。香川県・高松の整体、セラピスト、リラクゼーション、ボディケアの学校、R-1プロ整体師・セラピスト養成スクールです。

つい先日、長い間むち打ち後遺症に悩む方に相談を受けました。車で追突されたのは、半年前くらいなのですが、事故後、1週間くらいから強い頭痛や吐き気、手先のしびれなどが起き、ひどい日は仕事を休まなければならない状況とのことです。こういう場合、たいてい首の下の方の骨(頚椎6番)にズレが生じています。ズレている骨のすぐ横には、強い硬直があるので、その強ばりを取ることで、むち打ち後遺症もだんだん快方に向かいます。ただ、むち打ち症は首をもんだり湿布を貼ることで、かえって炎症を悪化させたりする場合があるので、注意が必要です。一般の方は、一番硬直がひどいところに、指をあててしばらく何分間か押さえ続けます。気持ちよくなるまで続けます。これだけでも随分と、辛い症状が緩和されてきますので、覚えておくと便利です。参考にしていただければ、幸いです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL